クレンブテロールの経口使用による体重減少

クレンブテロールとは

クレンブテロール 馬の喘息を治療するために最初に開発されたステロイド様化合物である。 その経口形態では、心臓と中枢神経系の両方を刺激して作用し、体内ではエピネフリンとアンフェタミンと同様の刺激効果を持ちますが、体内ではかなり異なる方法で作用します。

スポンサー広告:

クレンブテロールは、体脂肪を排出するための最良の利用可能な薬剤の1つとして、スポーツサークル、特にボディビルディングのもので知られている。 代謝を増加させることができるので、減量補助剤として使用することができる。 体脂肪および体重を減少させるだけでなく、適切な食事スケジュールおよび正しいトレーニングプログラム以外の特別な努力なしに、筋肉量および体力を保持することもできる。

これは、すなわち、代謝速度および脂肪分解を上昇させることによって作用するベータアゴニスト受容体である。 その目的は、その頑強な体脂肪を失って比較的速い方法で行うことである場合、実際には最も理想的な解決策の1つを表します。

Clenbuterolを使用することで期待できる結果

のメリット クレンブテロール 一般に、他のタイプのアナボリックステロイドの大多数のものとそれほど違いはありませんが、それにもかかわらず、それらは「残酷に」効果的であり、脂肪沈着を減らし、さらにはほぼ完全に破壊することを目指す個人によって非常に求められています体。 体脂肪率をわずか5〜6%にすることを目指す人もいます。これは前代未聞ではありませんが、到達するのは非常に困難です(不可能ではありませんが)。

クレンブテロール しかし、筋肉を定義するのに非常によく役立ち、体重をかなり失うことにかなり貢献する。 その使用法は、男性と女性の両方にとって非常に人気があり、前述の目標に効果的に役立つ選択肢です。

それが女性の間で非常に人気があることについてはまだ言及していませんでした、そしてそれは非常に正確な理由のためです。 女性アスリートは、声の深化や体毛の成長とともに、男性的な性的特徴の一般的な発達など、他の多くのアンドロゲン同化ステロイドによってもたらされる副作用を引き起こさないため、それを愛しています。

上記の副作用のすべては、含まれているサプリメント クレンブテロールところで、それは今日インターネット上で容易に見つかる。 実際、多くのボディビルダーがClenの典型的な特性から大きく利益を得るのは、かなり秘密ではありません。 つまり、体重を減らすことができるようにするために(脂肪ではない)、大部分(すべてではないにしても)苦労した筋肉量を維持します。

実際に、経口補充剤を用いてクレンブテロールを補うことから得られる主な利点の1つは、そのような方法で、腹部脂肪および内臓脂肪の両方を確実に減少させることが可能であるという事実である。 これをClenの能力に加え、強さを保つために選手を助け、より強く訓練すると、Clenbuterolはいつもユーザーの間で歓迎されます。

クレンブテロール また、潜在的には、人体全体の血流の輸送レベルの大幅かつ継続的な改善を促進するという追加の利点もあります。 これは、有酸素能力の明確な改善と相まっています。

さらに、中枢神経系およびβ-2受容体を刺激することもでき、これは筋肉成長そのものを増加させることができ、タンパク質の筋肉への貯蔵を改善する可能性が高いことを意味する。

あなたのクレンブテロール結果を最大限にする方法

しかし、体重を減らし、最高の筋肉量を得ることを目指している人にとって最良の製品の1つであるにもかかわらず、適切で健康な食事計画に従うことがどれほど重要であるかは決して忘れてはなりません。 特に太った預金の排除によって体重を減らそうとするときは、食事の選択肢とトレーニングプログラムの両方が決定の最前線にある必要があります。

したがって、クレンブテロールをベースにしたこれらのサプリメントの使用のおかげで、体重を減らして脂肪を燃焼するというあなたの探求において素晴らしい味方になるでしょう。 しかし、投与量とサイクルの両方の観点から、この他の点では優れたアイテムを適切に投与することが間違いなくあなたの勝利の鍵になることは言うまでもありません。

Clenbuterolの無責任な使用は、心肥大のような問題を引き起こす可能性があります。 ここでの思いやりは、私たちが聞くことができないガイドです。だから、最初にあなたのMDと専門の顧問に話すことによって、適格なカウンセリングを受けることが最も重要です。 彼らは、正しい時間に適切な量のクレンブテロールを身体に安全に投与するように導きます。

Clenbuterolを使用してアスレチックのパフォーマンスと結果を改善する

同じ結果を繰り返し示しているいくつかの研究によると、クレンブテロールは、プロセスに従って筋肉量を増加させますが、さまざまな側面のすべてでまだ完全には理解されていません。 発見されたのは、クレンは特定の酵素の活性をブロックすることができるようであり、そうでなければすでに筋肉にあるタンパク質を分解するでしょう。 これは、この発見が追加の研究によって確認された場合、クレンブテロールは間違いなく抗異化産物であり、筋肉組織を大規模に萎縮させることができるため、なぜそれがそのような大きな筋肉の成長を決定するのかを示しています。

しかし、一般的に言えば、Clenbuterolを経口投与することにより、適切な用量で投与された場合の効果(より詳細な分析の投与量とサイクルについては、この記事の後半の仕様を参照してください)は、これらに限定されます:

  • より良い呼吸能力。
  • 大幅に改善された代謝速度は、身体からの脂肪沈着を排除する潜在的に高い能力を決定する。
  • 酸素の利用率が向上し、体全体の抵抗力が向上します。
  • 物理エネルギーの大幅な改善。
  • あなたが食べる食品に含まれる栄養素の原則に同化する能力が潜在的に改善されました。

上記のすべての利点を一緒に考えれば、ほとんどすべてのアスリートと彼らの美学を改善しようとしている人は、毎日のレジームでこの特定のアイテムを追加することによって、恩恵を受けることができます。 recompサイクルに含まれるまたは1つの運動耐性を向上させるのではなく、実際に目標は筋肉の塊を向上させることにある段階で、真に重要な役割を再生するために統合されたときにクレンブテロールの丸薬は非常に有効であろうと述べることも正しいです。

また、すべての悪影響を避けたい場合は、このアイテムを非常に責任ある方法で実装すべきであることをもう一度言います。 Clenbuterolを効果的かつ安全に実装したい場合は、以下の点に注意してください。

クレンブテロールの副作用

この製品は、気管支拡張薬の一般的なカテゴリーに属しています。 これらは上気道を拡張することによって機能し、したがって、より多くの血液が運ばれる、および/または代謝が加速される結果として、「より簡単な」呼吸能力を決定します。

上記は有利な特徴であると思われるかもしれませんが、それはあなたの生物を「過励ます」ことが容易であり、潜在的な問題を補いながらそれを決定することを意味します。

Clenbuterolの主な副作用には、以下に限定されないが、

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 不安
  • 加速された心拍
  • 神経質過敏
  • 深刻な脱水
  • 痙攣
  • 不眠症

上記の副作用は過小評価されるべきではありませんが、それらは比較的穏やかな性質であり、簡単な方法で打ち消すことができます。 ただし、大幅な過剰摂取は、心停止として、この記事ですでに述べた非常に深刻な問題のXNUMXつとして、はるかに深刻な問題を決定する可能性があることに注意してください。 したがって、クレンブテロールの投与量に関する次の一般的なガイドラインに従ってこのアイテムを投与することを確認する必要があります。そうすることで、悪影響が発生する可能性を減らすための最善の助けを確実に得ることができます。

クレンブテロールの投与量とサイクル

適切なサプリメント クレンブテロール いくつかの良い戦略が必要です。 実際には3つの一般的な 投与量 それらのどれも原則的に明らかに正しいか間違っているのではないが、個人的な好みの選択に関してのみ条件に依存することを条件に、Clenbuterolは遵守される。

第1の方法は、いわゆる連続法である。 2日から3週間の間、Clenの1日あたりの20mcgと40mcgの間には、毎日の初めの使用が必要です。 この最初の期間の後、用量は、さらに別の20mcgから40mcgまで1日増やしてもよく、さらに2〜3週間、ユーザが目標に達するまで投与量をこのレベルに維持する。

 

第2の方法は回転方法と呼ばれる。 この方法は、1日あたりの20mcgの初回投与を必要とし、その後2日で最大200mcgの用量まで数日後に増加する。 その後、ユーザーは製品の使用を2週間中止し、前述の使用方法を再開します。

 

3番目と最後の方法は中間と呼ばれる方法です。 これは、最初に40mcgの投与量を実施することによってクレンブテロールを使用することを必要とし、合計で8週間から10週間の期間に最大週用量を200mcgまで増加させる必要がある。

 

上記のいずれの方法も、初心者から上級者まで、どんなタイプのユーザーにとっても非常に効果的です。 しかしながら、初心者は、常にこのカテゴリーの製品と同様に最低用量を投与してから、この用量を徐々に増加させるべきであることに注意することは有益かもしれない。

12のコメント

コメントを残す
  1. Si je prend duclenbutérol、dois-je prendre des produits de protection(PCT)? Si oui、lesquels?
    クエルモーメント(enmêmetemps que la Prize declenbutérolou en fin de cycle?)

  2. 詳細については、ここをクリックしてください。 mantenerte ja .25 mcg sinaumentar¿o uno se va volviendo inmune?

    • HOla Antonio、

      干し草の種類と種類
      12 semanasとlas cualesのどちらかが表示されます。tomando clenbuterolの他にも、siguiendo asi hasta el final del cicloもあります。

      25mcgを使用すると、40mcgを使用できなくなります。

      よろしく、

  3. 優れたサイト。 ここにはたくさんの役立つ情報があります。 美味しくシェアして何人かの友達に送っています。 そして、確かに、あなたの努力をありがとう!

  4. Tengo 20アーティスト名:80 Kilos y quiero usar clembuterol Anavar y winstrol inyectable、un ciclo de 8 semanas g megustaríasaber como estructurarlo

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *