男性と女性のためのクリンブテロール投薬量

クレンブテロール 今日のボディービルやフィットネス業界で最も成功した脂肪バーナーの1つであり、男性と女性の両方で広く使用されています。 クレンブテロールは喘息の治療に使用される気管支拡張剤ですが、その熱力学的性質は脂肪の損失に非常に人気があるものです。 そして、適切な用量で、それは信じられないほど効果的です。 しかし、すべての人は異なっているため、覚醒剤には異なる許容差があります。これは、基本的には、特に適切な計画を立てていない人が、より良い結果またはより悪い結果を得ることを意味します クレンブテロールの用量.

クレンブテロールについて最も重要な部分は 最適な投与量を完成させるあなたがあまりにも少ない服用をした場合、あなたは製品とお金を浪費し、結果的には何の効果も得られません。しかし、それよりはるかに高い用量でそれを使用すれば、結果は大きくなりますが、 。

 

スポンサー広告:

初期のクレンブテロール投与量

開始用量について話を始める前に クレンブテロールClenbuterolの用量はマイクログラム(mcg)で測定され、より一般的なミリグラム(mg)測定ではないことに留意することが重要です。 最大の投与量を確保し、潜在的な副作用のリスクを最小限に保つためには、この区別に留意することが重要です.

20mcg、40 mcg、50mcgの錠剤が見つかるかもしれませんが、Clenbuterolは通常100mcg錠剤で利用できます。

になると クレンブテロール投与量 男性は40mcg、女性は20mcgの少ない開始用量で緩和すべきである。 時には、体はこれらの線量に適応し、脂肪の損失効果が依然として享受される場合には体重を増やすべきです。 これにより、より少ない線量で開始する方がより賢明になります。なぜなら、より高い線量で始めれば、最大の線量にすばやく到達し、副作用の可能性を高めることができるからです。

 

クレンブテロール投与量の増加

クレンブテロールを長く服用するほど、最大の効果を得るには用量を増やす必要があります。 最も賢明な方法は、ゆっくりと安定したサイクルを実行することです。 体は速いペースでクレンブテロールに適応します。クレンブテロールの効能はないと考えて誇張しすぎる人もいますが、体は脂肪を燃焼させることに成功しています。 クレンブテロールの半減期も約34時間と長く、 それは、1日に1回または2回投薬する必要があるだけである。

クレンブテロールの使用が始まると、大部分の人はカフェインを多量に摂取すれば同様に少し有線で感じるでしょうが、一週間以内に身体に慣れます。 この有線感情は合格しているかもしれませんが、同じクレンブテロール投与量では6週に代謝を維持することができますが、この段階ではそれほど強くなくても依然として有意に増強されます。 実際の目標は、体を完全に強化することです。これを達成するためには、20-2週ごとに3mcgの投与量を増やすだけですが、最も一般的には2週です。

2mcg /日で3-40週使用した後、男性は60mcg /日に用量を増やし、別の2-3週にこの用量を服用し続けます。ここで女性は用量を増やします20mcg /日から40mcg /日に変更し、その用量を別の2-3週にも使用する。

Th3最も一般的に使用されるタイプのサイクルクレンブテロールは2週、2週はオフです。 このサイクルは最も人気があり、多くの理由で使用されていますが、最も重要なのは、脂肪燃焼に関する一貫して効果的で成功していることが証明されているからです。 その副作用は安全で、 最大量を制御することができますので、ゆっくり時間を上げてください。

ベナ4レセプターの感度が低下し、明らかになる前に、クレンブテロールによって引き起こされる脂肪燃焼は6-2週の間体内に残ります。 一部のユーザーは、2-3週にこの問題が発生します。 しかし、増強薬の使用にはさまざまな方法があるため、Clenbuterolの使用から定期的な休憩を取る余裕がない人もいます。 彼らはより迅速かつ積極的な方法でそれを使用する傾向があり、それは読むことができる ここ.

これは、特に高用量が使用される場合、クレンブテロールを使用すると自然にダウンレギュレートするBeta-2レセプターを制御する喘息の治療に使用される薬物であるケトチフェンフマレートを使用する傾向があります。 ケトチフェンの周りの魔法は、それがクレンブテロールが刺激するβ-2アドレナリン受容体をアップレギュレートすることである。 ケトチフェンを摂取する限り、これらのレセプターを持続的にアップレギュレートし、感度の低下を防ぐことができます。 ケトチフェンは、2日に7mg /日を投与することにより効率的に利用することができ、Clenbuterol(ベッドの前に最もよく使用される)を使用する毎週第2週に開始する。

また脂肪燃焼を改善するために、多くの個人がCytomel(T3)と共にClenbuterolを使用する。 Cytomelは合成甲状腺ホルモンの最も一般的なブランド名であり、甲状腺ホルモンは体の代謝を調節する役割を担っています。

高レベルのT3は新陳代謝を加速し、体がより多くのカロリーを燃焼させ、より効率的にカロリーを使用することを可能にします。 これらの2つの化合物を組み合わせる人は、莫大な量の脂肪。 Cytomelを使用する最も一般的な方法は、あなたの体が絶えず脂肪を燃焼させ、体重を減らすことになる、Clenbuterolから中断した2-3週にそれを使用することです。 Cytomelの投与量は、最初の20-2週では3 mcg /日から開始し、その後のサイクル期間では50 mcg /日で最大になるはずです。

 

最大のクリンブテロール用量

たとえクレンブテロールがステロイドではなく、熱産物であっても、それを適切に使用する方法に関して繊細に分類されるべきである。 クレンブテロールは、安全性の理由や短期的および長期的な副作用の回避だけでなく、有効性のためにも適切に循環させるべきである。 これを覚えておくと、男性は140mcg /日と女性100mcg /日の合計線量を超えてはなりません。 最大線量に達すると、2-3週以上使用しないでください安全上の理由から、 Clenbuterolは1年あたり16週以上使用しないでください。

 

婦人用クランベトラールの使用法


クレンブテロールに対する女性の反応は、男性とまったく同じです。 主な違いは、男性と女性の体重が女性の方が一般的に小さく、体重が男性よりも少なく、そのために彼らがクレンブテロールの影響を受けていることです。 これは、女性がすべてのタイプのエンハンサーで低用量を使用する理由です。 これは、女性の開始用量は20mcg /日であり、最大用量は100mcg /日でなければならないと言われていますが、それ以上になる傾向がありますが、これは推奨されません。

 

CLENBUTEROLをオフにする

Clenbuterolサイクルを終了する通常の方法は、サイクルが終了するまで数日おきに徐々に用量を減少させることです。 これは一般的な方法ですが、最適ではなく、実際の利点はありません。 あなたはクレンブテロールで冷たい七面鳥を食べるべきではありません。あなたがしなければならないことは、あなたが元に持っていく量を単に徐々に下げることです あなたがサイクルを開始したクレンブテロールの用量。 ほとんどの男性と女性は、40-1週の2mcg /日が最適であり、この期間が過ぎると、使用を中止してサイクルを終了します。

しかし、これは個人の個人的な好みから生じるものです。 Clenbuterolの投与量を減らす傾向があり、投与量を減らすことなくClenbuterolの使用を中止する傾向があります。 Clenbuterolをテーパリングする代わりに、Clenbuterolを停止することを選択した場合、一部の個人が覚醒剤の一種の味を経験したため、これはすべてです。

 

CLENBUTEROLサイドエフェクト

すべての種類の薬や薬は、すべて否定的反応の可能性があります。 Clenbuterolについても同様で、個人の感度、投与量、純度がこの確率の大きさを決定します。 ほとんどの副作用は、高用量を長期間使用することに由来します。

クレンブテロールの副作用は決して生命を脅かすものではありませんが、一部の人にとっては迷惑になることがあります。 ほとんどのユーザーがClenbuterolを使い始めると、彼らは非常にジッタがあり、有線で手を振っているように見えますが、この気持ちは薬が消費されたときにしばらく続きます。 ほとんどのユーザーは、使用の最初の2週間以内にこれに非常に迅速に対応します。 別の可能性のある副作用は不眠症であり、Clenbuterolが遅く使用される場合に現れる。 これは、7-9PMの後にそれを消費しないことで簡単に回避できます。なぜなら、 クレンブテロール 投薬が適用されてから数時間後に衰弱し始める。

Clenbuterolは体内からタウリンを枯渇させるため、一般的な副作用として筋肉痙攣が挙げられます。 これは、十分に水分を補給し、体内に十分な量のカリウムとナトリウムを確保することによって避けることができます。 タウリンを補う人もいます。

上記のこれらの副作用はすべて簡単に回避され、最終的にあなたの体はすぐにそれらに慣れるでしょう。 しかし、いくつかの副作用は、心臓肥大のように深刻なものであり、非常に単純なハーブの問題です。 これは、Clenbuterolが非常に長い時間(おそらく多量の薬物やステロイドの場合)に無責任に使用された場合に起こります。

ほとんどの副作用はClenbuterolでは避けることができますが、長期間にわたり何らかの副作用があり、身体に慣れていない場合は、用量を減らすか、単に使用をやめるだけです。

7のコメント

コメントを残す
  1. Hejjagvillbörjaanvändaclen! Eftersomjagekvinnasåvilljagvetaexakthurjagskaanvändautanattdetblir fel..kanmanfåhjälpmedenschema??

  2. ドブリーデン。 MámtomurozumětženejlépebrátClenbuterondvatýdnyadvatýdnyvynechat? podobudvoutýdnůbrátdvětablety?20mg。 Ránoakvečeru? prosímdruháotázka…。 svalováhmotajdeksměremnahoru? ヤコウディアナボル? ikdyžbuduztrácetpřebytečnýtuk? Děkujizaodpověď。 Pěknýden。 PavelDunka💪

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *